高橋由伸が監督にならない理由とは??

151118-0009
出典:http://www.hochi.co.jp/giants

巨人の次の監督として高橋由伸の名前があがっていますね。

本日正式に球団から高橋由伸に対して監督への就任要請を行ったようです。

これに対し高橋由伸は、監督の要請を受けるのか、

現役続行も含めて、ファンのために決断したいとコメントしています。

高橋由伸はこの監督就任要請を受けるのでしょうか?

今このタイミングでなぜ高橋由伸に監督を要請したのでしょうか?

いろいろと気になることを、その理由も含めて検証してみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

高橋由伸は監督になるのか?

ずばり、高橋由伸はこの監督要請を断るでしょう。

その理由は、高橋由伸は未だ現役続行への意志が強いんですね。

今シーズン終えて安打も1753安打を記録し、

2,000本安打へのこだわりもありますし。

年齢からして、

2,000本安打への到達はかなり厳しいことは本人も承知ですが、

体が動く限り、そして必要とされる限りは、

チャレンジしたいというのが高橋由伸のこだわりです。

現役続行への思いが強く、また、

プレイングマネジャーになるつもりはないと本人が明言していることから、

監督要請は断ると見るのが本命でしょうね。

 

なぜ高橋由伸に監督を要請したのか?

ではなぜ、今この次期に高橋由伸に監督を要請したのか?

この理由が気になりますよね。

今まで原監督の後任として名前が上がっていたのが、

川相ヘッドや江川卓ですよね。

江川については、たびたび巨人の監督就任が取りざたされますが、

単なる話題作りと見て良いのではないでしょうか。

本気で監督に就任させる意思が巨人にあったなら、

江川が現役引退してからこれまでの間に、絶対入閣させています。

それを今までしていないということは、話題先行にして、

裏で本命との監督就任交渉をしっかりとやっていく、

というのが巨人の考えだと思いますね。

今回、高橋由伸に監督就任を要請したのも、話題作りを先行させ、

裏で本命との交渉を進める意図があったのでしょう。

球団としては、高橋由伸が監督就任要請を断るだろう、

という算段が働いているのだと思います。

 

巨人 来季監督の本命は?

では、巨人の次期監督は一体誰なのか?

将来的に松井秀喜を長きにわたる監督として迎えたいというのが本音でしょうね。

ヘッドコーチに高橋由伸、ピッチングコーチに上原とか。

これから現役を引退するであろう、

ある種の巨人の黄金期を支えたメンバーに巨人を任せたいと。

しかし、これもなかなかうまくいってないんですね。

コーチ陣に加わる意思すら今のところ松井秀喜にはないですからね。

あくまで彼の視線はニューヨークに向いています。

これだけ騒いで川相監督というのもまずありえません。

高橋由伸に監督就任を断られた後に

川相ヘッドに就任要請をすることはないでしょう。

あとは、斎藤、村田、岡崎と

かつての巨人を支えた現在のコーチ陣のだれかに任せる、

というのも同じ理由でないでしょうね。

これだけ騒がせといて結局斎藤かい!っとか絶対ならないでしょう。

となると、

これらのコーチ陣を凌ぐ大物に監督要請をしなければいけません。

そこで私が思っているのが、落合ですね。

今は中日のGMとして活躍中ですが、

オーナーとの関係もギクシャクしてきましたし、

中日は決して居場所のいいものではないでしょう。

また、これだけ話題先行型の監督就任劇となったからには、

これを引き取ることができる大物役者が必要なんですね。

この騒動を引き受けることができるのは清原か、落合です。

清原はいろんな問題があって実際上可能性はゼロであることを考えると、

ここは落合が本命となるのではないでしょうか。

 

 
スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ