京都ドラマで共演の大物俳優をケチと告白した永井大はステマで収入の怪!?

151121-0002

俳優の永井大さんが出演した「快傑 えみちゃんねる」でのこと。

京都のドラマで共演した大物俳優のことをケチと告白。

共演した京都のドラマは、

・「水曜ミステリー9」の「看護師・戸田鮎子の推理カルテ」

ケチぶりを暴露された大物俳優は

・榎木孝明さん

と巷ではもっぱら言われています。

しかし、

京都のドラマで共演した大物俳優のことをケチと告白した永井大さん自身、

ペニオクに関してステマをやっていたとして、

一時期世間からのバッシングがありましたよね。

実際、今回の暴露に関しても、

ステマやってた人間が他人のことケチ呼ばわりするな!

とか、厳しい声も。

そこまで言われる永井大さんのステマってどんなものだったのか、

気になりますね。

スポンサーリンク



ペニオクってなに?

今更ながら、

ペニオクと略して呼ばれるペニーオークションってなんなんですかね?

ステマの前にそこから調査。

ペニーオークションって、

要するに入札するたびに手数料を支払うオークションのやり方ですね。

私たちになじみのあるオークションといえば、ヤフオク!ですよね。

ヤフオク!の場合は入札に関して手数料が取られることはありませんね。

出品者が出品した商品が落札された際に、

ヤフオク!に対して手数料を払うだけです。

そこが一般的なオークションとペニオクとの違い。

ただ、ペニオクはギャンブル性が強いことが問題とされてます。

というのも、

まず、出品物はペニオクの主催者が準備します。

例えば、定価5万円の商品を出品したとしましょう。

そして、落札価格が5,000円だったとします。

落札した人は、

定価5万円の商品を5,000円+入札手数料でゲットできるので、

落札者にはメリットがあります。

主催者は定価5万円の商品を5,000円で売ってしまうのと同じなので、

損をするんじゃないかと思っちゃいます。

が、5,000円で落札されるまでに、多くの入札が行われているため、

その入札による手数料収入が45,000円以上あれば、

利益が出るんですね。

一方で、落札者以外の入札者は手数料分だけ損をします。

これが、ペニオクのギャンブル性が高いと問題視される理由です。

ただ、ペニオク自体が違法とかそういうわけではありません。

2012年にペニオク騒動がありましたが、あれは、

ペニーオークションという形式のオークションを利用して、

参加者が入札しても落札できないという、

ひどい仕組みのサイトを運営していたという詐欺行為です。

運営会社の役員と社員の4人が逮捕されています。

ペニオク自体が詐欺行為ではないことに注意です。

ステマってなに?

ステルスマーケティングのことですね。

マーケティング手法のうち、

それが宣伝だと消費者に気づかれないように行われる宣伝のことです。

なので、あたかも中立的な立場で商品を批評したりしながら、

実は商品を売り込んでいるとか、

そんなやり方ですね。

インターネット上での口コミなんかはステマが利用されやすいですね。

また、よくあるのが芸能人を使ったステマ。

芸能人がブログでお気に入りの商品を紹介するふりをして、

実は販売会社からお金をもらっての宣伝行為だったりとか。

そういったものがステマですね。

永井大がやっていたステマとは?

大物俳優のことをケチと暴露した永井大さん自身も、

ペニオクに関するステマをやっていたと言われています。

ただ、この件に関しては永井大さんは否定していますが。

永井大さんのステマだと言われているのが、

2011年に、永井さんのブログで、

ipadを855円で落札した記事を投稿してます。

・「うそでしょ!?ラッキー♪ラッキー♪ラッキー♪」

・「 えっ!?本当に!?ヤッター!!!」

とブログに投稿してたんですね。

永井大さんの事務所側の釈明では、

・後輩からオークションのことを聞いて落札した。

・主催会社からお金はもらっていない。

・その会社のことも知らない。

・あまりに安すぎておかしいと思った。

・あとで商品は返品した。

とされています。

あくまで永井大さんには悪意はなかったとのことですが。。。

まとめ

永井大さん自身は否定していますが、

一連の流れを見るとクロですね。

ペニオクに関するステマやってたんでしょう。

ただ、

この件に関して永井大さんを責めるべきかというと、どうかな。

今もステマやってる芸能人いっぱいいると思いますよ。

芸能人がお気に入りの商品なんてほとんどそうじゃないですかね。

本来、芸能人なら自分の影響力を考えて、

ブログで特定の商品なんかを紹介するべきじゃないかもしれない。

紹介するならステマと言われても仕方ないと覚悟するぐらいでないと。

そういう事情を考えると、

2012年のペニオク騒動でステマには懲り懲りでしょうし、

今更そんな話を蒸し返さず、許してあげましょう。

スポンサーリンク



One Response to “京都ドラマで共演の大物俳優をケチと告白した永井大はステマで収入の怪!?”

  1. […] 特に、永井大さん自身がペニオクに絡むステマをやっていたとして、 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ