岡村隆史が休養について語る!その真相とは??

151121-0015


岡村隆史さんが5年前の休養について真相を語りましたね。

ここまで岡村隆史さんが真相に迫ったのはテレビでは初めてじゃないでしょうか。

26日放送の「プロフェッショナル」に岡村隆史さんが出演された際のことです。

これまでの番組出演者から岡村隆史さんが3人を選んで仕事場を直撃して対談。

その対談の中で休養について真相を語ったようなんですね。



151121-0017




スポンサーリンク



5年前の休養の真相

岡村隆史さんは2010年6月に、仕事があまりに多忙だったことと、

その重圧からメンタル的に参ってしまい一時休養しましたが、

復帰後も体調は回復せず、7月から11月まで、5ヶ月間にわたって休養しました。

番組内で岡村さんが対談したのは、まずは、挾土(はさど)秀平さん。

151121-0018

岡村さんが挟土さんを対談相手に選んだのは、

・自分は陰の人間だが、挟土さんも同じ陰を感じる。

・でも挟土さんは自分をコントールできる人だと思う。

という理由で実際に話をしてみたいと思ったそう。

挟土さんとの対談の中で休養について真相を語りました。

・「ぼくは1回、思いっきり逃げた」

・「自分で決めた仕事がうわ~ってなって、寝れなくなって」

・「完全に仕事ができなくなって、その時はやめようと思いましたもん、芸能界」

また、その時に現れた症状についても告白。

・「気が付いたら寝ないで2日たっていた。立ったらふらふらってして。」

・「密閉のヘッドフォンして、角砂糖なめながら台本ずっとやっていた。」

・それ以来「眠れなくなった。スイッチ入ったままになっちゃって。」

と当時がいかに切迫した状態だったかも告白してます。

それでも、5ヶ月間の休養のうちに、

・「何かあっても自分だけのせいではなく、みんなの責任にちしゃおう」

・「反省せずに次に進もう、と思ったら楽になった」

と気持ちの変化についても心境を語っています。

ちなみに、番組では触れられていませんが、休養していた5ヶ月はほぼ入院していて、

入院中はテレビ番組でも刺激の強いものは見せてもらえず、NHKのような、

刺激の強くない番組しか見せてもらえなかったそうです。

休養の真相を聴いた挟土秀平とは?

意外だったのは、対談していた挟土さん自身も、

・「自律神経いかれて、めまいの中で3年間生きてきた」

と告白されたことです。

・「今は文章を書くことで気持ちを切り替えて仕事に臨むことができる」

・「僕一回り強くなったと思う」

とも語られています。

また、対談している岡村さんを見て、

・「今日会っている岡村さんは“人間・岡村隆史”って感じがする。今までと違う」

とも。

それを受けて岡村さんも、

・「一つ大人になった気がする。お笑いをやっている岡村と同じとは思えない」

と応答。

苦しみの底を知る2人は目に見えない何かをお互いに感じ取っているのかもしれません。

ところで、岡村さんの休養の真相を聴いた挟土秀平さんですが、

左官職人ということなのですが、

東京の一流ホテルのエントランスロビーまで多岐にわたって、

天然の土と素材を使った独自の世界の塗り壁づくりをされている方で、

モダンで斬新な作品は他に類がなく全国で引っ張りだこだそうです。

151121-0020


なお、岡村さんは挟土さん以外にも、歌舞伎俳優の坂東玉三郎と、

世界で初めて無農薬・無施肥のリンゴの栽培に成功したりんご農家の木村秋則さん

とも対談されています。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ