レーシックの後遺症で訴えられた病院ってどこ??

19d87a0b9fc0980b80cf91e151c848d8_m


レーシックの後遺症で悩んでいる患者さん達がついに病院を訴えるようです。

10月30日のことですが、レーシック手術を受けたあと後遺症が出たとして、

レーシックを受けた患者さん9人が、

手術を行った2つの病院に対して、

約7,800万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に提起しているんですね。

病院側は全面的に争う姿勢のようですよ。

で、この2つの病院ってどこなのか、気になりますよね。

スポンサーリンク




訴えられた病院はどこ?

訴えられたのは、

06年11月から13年9月に被害者にレーシック手術を行った病院で、

「品川近視クリニック」「錦糸眼科」ですね。

訴えた被害者は20代〜50代の男女9人です。

訴えている内容というのは、

病院側から、

手術前に後遺症のリスクを十分説明されていなかったというもの。

そのため、

レーシック後にドライアイや眼精疲労などの症状が出たらしいんですね。

実は、品川近視クリニックと錦糸眼科は、

14年にも全国で12人から訴えが起こされてます。

でも、被害者はまだまだいるそうで、

なんと100人はくだらないとか。

その被害者達も、これから追加で訴訟を起こしていくようです。

レーシックの後遺症 消費者庁の注意喚起

レーシックの後遺症の危険性は、

13年に消費者庁からも注意喚起されています。

その時点までの5年間で、消費者庁に寄せられた被害情報だけで、

80件もあったそうです。

消費者庁の発表では、重大な後遺症の事例として、

・目や頭の痛み

・吐き気

・ドライアイ

などが挙げられています。

さらに、深刻な症状として消費者庁に寄せられた事例は、

・40歳代女性

 手術直後から2か月間、目の表面に激しい痛み。

 寝たきりの状態に。

 目の表面の激しい痛みによる頭痛、吐き気、不眠等が発生。

 光や太陽がまぶしい。

 室内でもサングラスや遮光レンズを使用するようになった。

 手術後1年は、近くを見ての作業ができなくなり、

 プリズムレンズ10の遠近両用眼鏡を常時使用するようになった。

 現在では、眼鏡やコンタクトで日々調整しているが、眼精疲労がつらい。

・30歳代女性

 まぶたの腫れや両目の痛み、ドライアイが顕著。

 1時間に数回は目薬をさすような状況になった。

 見え方の違和感やゆがみ、飛蚊症なども発症した。

 術後3週間程度は、食べられず、寝たきり状態だった。

 その後も、電車に乗ってもすぐに座り込んだり、

 車やエレベーター内で吐いたりするような状況である。
 
また、今回の訴訟の事例と同じように、

手術前のリスク説明が不十分なものも。。。

・20歳代男性

 インターネットで近所の病院を見付け、手術を受けた。

 術後、目に違和感が出て見え方もおかしくなり、目が痛み、
 
 乾くようになった。

 現在、

 地元眼科で症状を緩和するための眼薬を処方してもらっている。

 広告は、メリットばかりをうたい、

 手術を受ける前も危険性についての十分な説明がなかった。

レーシックの後遺症で訴えられた病院ってどこ? まとめ

やはり、目にメスを入れるというのは怖いですね。

きちんとレーシックの後遺症についてのリスクの説明を聞く必要があります。

今回訴えられた病院がどこかっていう問題ではなさそうです。

どこの病院であっても、リスクは同じですからね。

今回の訴えをきっかけに、レーシックを考えている人たちは、

安易に手術の判断をするのではなく、

どこの病院が評判が良くて、悪いのか、ネットなんかで調べる必要がありますし、

レーシックの後遺症のリスクについても事前に自分でしっかり調べたほうがいいですね。

私たち素人がネットで調べたリスクすら説明しないような病院は危ないのかもしれません。

私自身もレーシックに興味があったのですが、

今回の訴訟を知って、もう少し慎重に判断したいと思っています。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ