山手通りでの事故 だれも亡くならなかったのか!?

151129-0001


山手通りで大きな事故がありましたよね。

11月9日の午前3時半頃のことだそうです。

山手通りを走行していたワゴン車が歩道に乗り上げて街頭に衝突、

横転して、大学生の男女12人が重軽傷を負っています。

事故の写真からは信じられませんが、

亡くなった方は1人もいなかったみたいです。

午前3時半という時間帯もあったからでしょうか、

歩道に乗り上げる事故だったにもかかわらず、

事故に巻き込まれた人もいなかったみたいですね。

不幸中の幸いというか、

本当に良かったです。

ここで少し、山手通りの事故の詳細について見てみたいと思います。

スポンサーリンク



山手通りの事故 けがの状況

事故を起こした大学生12人は、

大学のダンスサークルに所属しているメンバーらしく、

定員が6名のハイエースをレンタルして、

男性8人、女性4人で同乗していたようです。

運転手の男性が、車体の歪みによるものでしょうか、

足を挟まれて骨折したほか、

男性4人、女性2人が重傷で、

他の5人については比較的軽症だったみたいです。

ダンスサークル仲間の12人は、車に乗り合わせて、

日野市方面へと向かう途中で事故を起こしてしまったとのことです。

山手通りの事故 場所をグーグルマップで特定

事故が起きた現場は、

西武新宿線の「中井駅」から北西に約300メートルのところ。

事故の現場検証時の映像から、

151109-0007

事故現場を特定してみると、

グーグルマップでは、↓のようなストリートビューが見つかりました。

現場の道路は緩やかな左カーブで、

スピードを出しすぎた運転手がハンドル操作を誤って、

歩道側の縁石に接触し、

そのまま乗り上げて街頭に衝突、

横転したと考えられています。

山手通りの事故 まとめ

若い学生が少しばかり調子に乗ってしまったんでしょうね。

それにしても定員6人のところに、

12人も乗り合わせるなんて、度が過ぎてやしませんか?

今回はワゴン車が大破し、骨折などの重傷を負ったということで、

それなりの代償となりましたが、

本当にラッキーですよ。

下手をしたら、

数名亡くなっていたり、

大きな後遺症が残るような怪我をしてもおかしくないワゴン車の状況です。

ここのところ、学生による車の大事故が続いているので、

全国の若者たちには、ぜひはやる気持ちを抑えて、

冷静なドライブを楽しんでもらいたいものです。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ