パトリックが人種差別を受けた!? その内容とは??

151201-0003


パトリック選手が浦和レッズのサポーターから、

あまりにも酷い人種差別を内容とするリプライを投稿されたようです。

問題のリプライ自体は削除されていますが、

画像が拡散されていますので、内容の確認は可能です。

その内容というのはこちらです。

人種差別リプライの内容を時系列で整理

パトリック選手が、11月28日(土)に行われる、

J1チャンピオンシップ準決勝に向けて、

その前日(27日)に、

「神よこの遠征と、
 明日のJリーグ準決勝大事な試合をお見守りください。」

とツイートしました。

試合は、

パトリック選手がダメ押しとなる3点目を決めるなどの活躍があって、

3対1でガンバ大阪が浦和レッズを下しています。

その試合後、おそらく、

パトリック選手の活躍に腹を立てた浦和サポーターが、

「黒人死ねよ」

というあまりに酷いリプライを行いました。

その後、夜のNHKのスポーツニュースでも取り上げられるなど、

このリプライが騒動となりました。

翌日(29日)には、

パトリック選手への激励に対し、

パトリック選手が感謝のツイートを投稿しています。

以上が一連の人種差別リプライの内容となります。

スポンサーリンク



人種差別 今後の展開

実際問題、スタジアム外のことなので、

パトリック選手が侮辱罪等で警察に告発でもしない限り、

このリプライを投稿した人物に対して制裁を課すというのは

難しいでしょう。

浦和レッズ球団としての捜査なんてできないので、

たとえ、ネット上で人物が特定できたとしても、

建前上はあくまでも噂の域を出ないものですし、

浦和レッズ球団として確認のしようもありません。

本人が自発的に協力を申し出れば別ですが。

パトリックが人種差別を受けたその内容 まとめ

試合自体は稀に見る好ゲームだっただけに、

試合後のこのような問題は非常に残念ですね。

また、日本に対してものすごく良い印象を持っていた

外国人に与える影響を考えると、

これまた残念でなりません。

特にパトリック選手は日本人のことを非常にリスペクトしていますから。

サッカーファンのこうした心ない行為が、

自分たちの首を絞めていることに早く気がつくべきです。

特に、今回の犯人がレッズサポーターだとしたら、

昨年、サポーターによる人種差別的な横断幕の掲示が問題となり、

無観客試合を経験したばかりですから、

なおのことやってはいけない行為です。

試合に負けた腹いせにこういうことをするのは、

日本全体の品位を貶める行為なので、絶対に慎んでもらいたいですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ