岡田はるみが号泣 理由は!? パワハラがあった??

151203-0001


NHK山形のお天気コーナーを担当しているお天気お姉さんの

岡田はるみさんが生放送中に号泣されています。

後で映像をご確認いただきたいのですが、

最初は涙声だけだったんですが、次第に声がつまり、

号泣していることを隠すためでしょうか、

最後は原稿も飛ばし飛ばし読むような形になって、

何を言っているのかわからない状態になってしまいました。

生放送中にお天気お姉さんが号泣して、

原稿を読めなくなるなんて前代未聞ですよね。

一体何があったというのでしょうか?

岡田はるみさんが号泣して

原稿が読めなくなった理由について探ってみます。

ーー追記ーー

スポンサーリンク





岡田はるみさんとは?

1976年9月20日生まれの39歳。

長野県出身です。

生放送中に号泣するほどなので、

どれほどの若い娘かと思いきや、

それなりの年齢です。

世間一般では、大人の女性のはずです。

信州大学を卒業してから早稲田大学に入学しています。

趣味や特技は、観劇、読書、絵画鑑賞、珈琲、神社仏閣巡り、

商店街を歩くこと、知らない土地への旅、などです。

なぜ大学に入り直したのでしょうか?

勉強したい何かがあったのでしょうか?

趣味や特技からするとお嬢さまちっくな感じなので、

モラトリアム的なお嬢さま的発想で再入学した可能性が高そうです。

持っている資格は

健康気象アドバイザー、小・中・高等学校教員免許(生物、英語)、

防災士。

教員免許ももってるなんて驚きですね。

とりあえず教員免許を取っとくあたりが、

お嬢さま的で、打たれ弱さを連想させますね。

大学在学中に劇団に所属され卒業後モデル事務所に所属。

アイドルグループにいたり、ドラマにも少しだけ出ているようです。

お天気お姉さんになったのは、ケーブルテレビに出演した際、

お天気コーナーを任されたのがきっかけらしいです。

気象予報士の資格は、2011年11月に取得しているので、

30歳過ぎてからの取得ということになります

30歳過ぎてからしっかり勉強できるあたりが、

お嬢さま的な育ちの良さを感じさせますよね。

号泣した理由とは?

テレビのお天気キャスターさんって、

おそらく耳にインカム付けて原稿読み上げしてると思います。

原稿をベースに、

インカムからの指示に従いつつ臨機応変な対応も求められているんでしょう。



そこで番組ディレクターから何かめちゃくちゃ言われたんでしょうね。

今回の号泣場面では、

最初に岡田はるみさんが、テレビ映像を「鶴岡市」って紹介してるんですね、

ところが、テレビに映し出されたのは「新庄市」。

岡田はるみさんも「現在の新庄市の様子です。」と何事もなかったかのように

新庄市として喋り出しますが、視聴者からすると、どう考えても違和感あります。

まずは、「失礼しました。新庄市の様子をご紹介します。」とか、

謝罪から入るべきだったんでしょうね。

映像を見る限りでは、新庄市が唐突すぎて、意味があまりわかりませんでした。

そこでディレクターから厳しい指摘があったんでしょうね。

「馬鹿、何やってんだよ」

「お前いい加減にしろよ」

「何年やってんだよ。」

「キャスター降りろよ。」

とか、想像ですが、ひどい言葉を浴びせられたんでしょう。

そうすると、岡田はるみさんはお嬢さま的発想をされそうな人ですから、

立て続けに罵声を浴びると、

本番中ということを超えて、悔しさや悲しみが溢れ出てきたんでしょうね。

岡田はるみの号泣 理由 まとめ

どうしても年齢が気になるのは私だけでしょうか?

39歳ともなると、いろんな経験をしてきているはずなので、

ちょっとやそっと言われたぐらいでは動じない人が多いという

印象を持っています。

その印象に比べると岡田さんは少しナイーブすぎるかな。

あくまで想像ですけどね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ